利用には注意が必要だがいざという時に役立つ

クレジットカードのショッピング枠現金化は、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を利用して買い物をし、その商品を売ることで現金を手に入れる方法です。消費者金融のような借金とは異なり、保証を必要とせず誰でも利用できるということで口コミで人気になりました。良くない噂も聞くので話は知っているが利用にはためらうという人も多いでしょう。しかし、ショッピング枠の現金化が直ちに違法行為というわけではないので、早急に現金が必要な場合には役立つ方法なのは確かです。

ただし、利用には注意が必要なのも確かです。クレジットカード会社の規約により、換金目的のカード利用は禁じられているため、発覚すれば利用の停止や残債の一括支払いを要求される可能性は高いです。最悪の場合は、強制的に退会させられることも考えられます。

クレジットカードで買ったものを売ること自体には問題はありません。問題は、決済まではカードで購入した物品の所有権はクレジットカード会社に帰するという点です。ただ、クレジットカード会社にも、利用者が購入したものをその後どうしたかまで関知する権利はないので、問題になることは少ないようです。換金性の高いブランド品などをいきなり複数個買うというような不自然な真似をしなければ、クレジットカード会社にばれる可能性は低くなります。