違法かどうかの判断

よく、クレジットカード現金化は違法だと言われます。
インターネットの検索で調べてみると、現金化業者の広告と並んで、現金化の利用に対して注意を促すサイトがたくさん表示されます。
実際のところ、ショッピング枠現金化は違法なのでしょうか、合法なのでしょうか?

答えは、後者です。
ショッピング枠現金化は、決して違法なビジネスではないのです。

ではなぜ、クレジットカード現金化が違法だと言われているのでしょうか。
それは、初期の現金化業者のビジネス手法に原因があります。

現金化の仕組みが知られるようになった当初、多くの業者が「買い取り方式」というやり方で現金を支払っていました。
これは、高額な商品を利用者にカードで購入してもらい、それをすぐに買い戻すことで現金を支払うやり方です。
結果として入手できる現金の額に変わりはないのですが、このやり方では、カードの利用規約に違反する事になってしまうのです。

クレジットカードの利用規約には、「転売目的で商品を購入する事」を禁じる文言があります。
カードを使って購入した商品は、引き落としが無事に完了するまでは所有権がカード会社にあります。
その状態で商品だけを転売すると、他人の財産を勝手に転売したことになるため、規約違反というわけです。

カード会社は規約違反に気が付くと、カードの利用を停止してしまいます。
このため、現金化の利用者がカードを使えなくなる事例が多発し、違反を薦めるビジネスとして批判されたのです。

しかし現在では、多くの業者が「キャッシュバック」で現金を支払っています。
商品自体を転売するわけではないので、カードの規約にも違反しません。
また、還元率は景表法で定められたルールに従っており、不当に高い還元率をうたっているわけでもありません。

トラブルはゼロとは言えないため、今後どうなるかは分かりませんが、少なくとも2013年秋現在、クレジットカード現金化は違法ではありませんので、安心してくださいね。