未成年者はショッピング枠現金化を利用できるか

未成年の方のなかにも、クレジットカードのショッピング枠現金化を利用したいと考える方もいるかもしれません。

 

確かに、18歳以上であれば未成年でもクレジットカードを所有することは可能ですから、それを使って現金を手にすることも可能なように思えます。

 

しかし、現金化を行うほとんどの業者では、未成年者の申し込みを受け付けていません。

年齢を偽って申し込むにも、どの業者も身分証の提出を義務付けていますから、現金化はほとんど不可能と考えてよいでしょう。

未成年者を相手に行うことは、業者にとってリスクの大きな行為ということもありショッピング枠現金化には年齢制限が設けられておりません。

 

未成年者が所有できるクレジットカードの多くは、学生専用カードであり、通常のクレジットカードより利用できる金額は限られています。

 

少ない利用額で現金化を行っても業者にとって利益は少なく、未成年者を相手に営業することのメリットがありません。また、学生専用カードの場合その請求は親元に行くので、申込者の保護者にも利用を知られてしまいます。

 

本人が隠れて現金化しようとしていた場合、親やカード会社を巻き込むトラブルに発展するのは必至です。そのため、ほとんどの業者は未成年者の申し込みを断っているのです。

もし、未成年でも現金化が可能という業者があっても、利用しない方が賢明です。不正請求や詐欺など犯罪に巻き込まれることも考えられます。